この方法、知らないとやばいです

 

こんにちは、haruruです。

 

f:id:haruruK:20170401182610j:plain

 

 

今回は長時間勉強していく上で心がけて

ほしい習慣について紹介します。

 

 

 

あなたは食後の勉強中に睡魔と戦ったこと

はありますか?私はしょっちゅうです。

特に昼食後の午後1時~2時くらいは

やばいです。

 

 

 

「眠すぎて集中できない」

「板書をしていたけど、何を書いたか全くわからない」

こんな経験があると思います。

 

 

 

でも、この眠気を劇的に下げる方法があるのです。

この方法を知ることで、あなたは午後の勉強中に

起きる辛い睡魔との戦いをもう頑張る必要は

ありません。

 

 

 

すっきりとした感覚で高い集中力を保ち

ながら勉強ができます。

 

 

 

考えてみてください。もしこの睡魔で

1日の勉強時間の1時間を無駄にしたとします。

そうすると1年間で365時間は無駄に

したことになります。

 

 

 

365時間ってものすごい時間ですよね。

1日10時間勉強したとすると、

36日分以上を無駄にしたことになります。

一ヶ月分の無駄です。

 

 

 

でも、この方法を実践するだけで、

あなただけはライバルよりも365時間も多く

勉強をすることができるのです。

だから、絶対にこの方法を実践してくださいね。

 

 

 

では、その睡魔を軽減する悪魔の方法とは、

食事において食べる順番に気を付けるということです。

 

 

 

野菜類、魚類、肉類、米類の順番で

食べてください。これだけで食後の睡魔は

激減します。これは科学的に証明されていることです。

 

 

 

そして蛇足ですが、この方法はダイエットにも

大きな効果を発揮します。特に、

受験期間中は運動量が減ったり、

ストレスで食べる量が増えたりします。

 

 

 

つまり、とても太りやすい時期になるのです。

 

 

 

でも、野菜類、魚類、肉類、米類の順番で食べれば

太りにくいということも科学的に証明されているのです。

 

 

 

この方法を実践して、ライバルの眠気が

マックスの時間帯でも全速力で突っ走って

くださいね。

 

 

今回は以上です。

 

 

haruru