「きりが良い」勉強の終わり方は最悪な勉強法です

 

こんにちは、haruruです!

 

 

あなたは「きりが良い」からと

勉強をやめてはいませんか?

 

f:id:haruruK:20170501141056j:plain

 

 

今回紹介することをしっかりと理解すれば

テスト中にど忘れしてしまう事がなくなり

応用問題でも臨機応変に対応でき、

テストの点数を大幅に上げる事ができます!

 

 

 

テストで高得点をだせば、

志望大学の合格率は上がり、

友達から勉強を教えてほしいと

頼られる事が多くなるでしょう。

 

f:id:haruruK:20170501141215j:plain

 

 

逆に、この事を理解しないまま

いつ通り「きりが良い」勉強の

終わらせ方をしていれば、志望大学には落ち、

同じ公式や理論を何度も復習することになるでしょう。

 

 

 

あなたは「きりが良い」からと

勉強を止めたり、中断したり、

休憩をはさんだりしていますよね?

 

 

 

それから、再び勉強を始めようと

する時はどうしていますか?

 

 

f:id:haruruK:20170501141326j:plain

 

 

復習もせずに新しい問題を

解いたり、前にやった内容の

応用問題を解いたりしているでしょう。

 

 

 

そのやり方で

応用問題を解けたり、

一度解いた問題や公式を

完璧に覚える事ができましたか?

 

 

 

 出来なかったあなたはこの先を

読めば必ず出来るようになります!

 

f:id:haruruK:20170501141421j:plain

 

 

【自然と復習するように】

今回紹介するのは「きりが悪い」勉強法です。

 

 

 

例えば、数学で

基礎問題を解いた後は

その基礎問題に沿った

応用問題を解いていきます。

 

 

 

この応用問題が解けなかったら

答えを見て解き方を覚えて

勉強を止めてしまうのが

「きりが良い」勉強法です。

 

 

 

逆に、応用問題を解いてる途中に

手が止まり悩んでも解けずにいるのに

勉強を止めるのが

「きりが悪い」勉強法です。

 

f:id:haruruK:20170501141640j:plain

 

これだと答えを知らない状態なので

気になります。

 

 

 

そして、翌日にその応用問題を

解こうとすると基礎でやった部分で

忘れている所があるから復習します。

 

 

 

 

すると、基礎で新しい発見があったり、

応用問題が聞いてる所が見つかったり、

自然と復習しながら、応用問題が

解けるようになっています。

 

 

 

この勉強法を習慣にすることが出来れば、

自然と復習をするようになって

公式や理論を忘れてしまう事が

ほとんど無くなります!

 

f:id:haruruK:20170403201826j:plain

 

 

【これからは】

それでは、「きりが悪い」勉強が

どれだけ復習に良いかを知ったと思うので、

今日から様々な科目の勉強を

「きりが悪い」状態で終わらせ下さい!

 

 

 

たったそれだけです。

 

 

 

 

最初は大きな効果が

ありませんが、継続することで

テストでは全科目で絶大な効果が

現れることになるでしょう!

 

 

 

継続は力なり

 

 

 

今回は以上です。

質問、感想お待ちしております。

 

 

 

haruru