超効率アップ!「間隔型学習」とは?

【ライバルに差をつけよう】

f:id:haruruK:20170731220824j:plain

 

こんにちは、haruruです!

 

 

 

今回は少し前に発表された

「間隔型学習」という勉強法が

有能すぎたので紹介したいと思います。

 

 

 

この勉強法を実行すれば、

勉強の質と効率が2倍になり

圧倒的なスピードで

志望大学に近づくことができます!

 

 

 

また、

実験結果より記憶率や理解度も

普段からやってる勉強よりも

1.5倍~2倍になるそうです!

 

 

 

そうなれば、

今までさぼってきた時間を

取り返すことができて

志望大学に受かるでしょう!

 

 

 

しかし、

この方法を知らないと

1日に10時間以上の勉強でも

勉強したとしても身に付きません。

 

 

 

さらに、

いくら単語を覚えて

その日のうちに復習したとしても

次の日には忘れてしまうでしょう。

 

 

 

こんな日が続けば、

自分に勉強が向いていないと

思い込んでしまい勉強を

しなくなってしまいます。

 

 

 

そうなる前に

この先を読んでください。

 

 

 

【量が多すぎていませんか?】

f:id:haruruK:20170731223726j:plain

 

 

アメリカの実験によると

1日に多くの量を覚えるよりは

それを数日に分けて覚えた方が

身に付くというものでした。

 

 

 

間隔型学習の効果を実証するため、

研究者たちは38人の外貨研修医の

協力を得て実験を実施。

 

 

 

研修医たちは、

切れた小血管をつなぎ合わせる

顕微手術に関する4つのレッスンを

受けました。

 

 

 

研修医の半分は1日に4つの

レッスンを受けました。

 

 

残り半分は1週間で4つの

レッスンを間隔を空けて

受けました。

 

 

 

1カ月後、

全員が生きたネズミの鼓動している

大動脈をつなぎ合わせる実技を実施。

 

 

 

前者のグループは全ての手順において

低い成績だったばかりか、

16%が血管をつなぎ合わせることに

失敗しました。

 

 

 

逆に、

後者のグループは手順・経過速度・

成功数のどれをとっても優れた

技量を発揮しました。

 

 

 

間隔型学習が効果的な理由は、

 

 

「新しい知識の意味を復習し、

予備知識に接続するというプロセスを

数日に分けることで記憶痕跡が強化される。」

というものです。

 

 

 

【適度な勉強量】

f:id:haruruK:20170731224506j:plain

 

上記の事を理解したら

今日から1日に10時間も

勉強しない下さい!

 

 

 

「10時間以上勉強しないと

時間が足りないよ!」

「じゃあ、何時間までだったら

勉強しても良いの?」

 

 

 

こんな事を思うかもしれません。

 

 

 

安心してください。

1日に10時間以上勉強しても

大丈夫です!

 

f:id:haruruK:20170731224623j:plain

 

「言ってることが矛盾してるじゃん」

そう思うと思います。

 

 

 

ちょっと待ってください!

 

 

この実験から、

「1日にたくさんのことを

詰め込んだから失敗した」という事が

読み取れれます。

 

 

 

つまり、

10時間以上勉強しても良いが、

色々なものを勉強するのではなく

1つの分野に時間をかけるという事です。

 

 

 

これからは、

1日に20個も公式を覚えるではなく

1個の式を深く理解するために

時間をかけましょう。

 

 

 

【ここから追いつこう】

f:id:haruruK:20170731224652j:plain

 

 

 

それでは、

今日のワークです。

 

 

 

今日はなんでもよいので

1つの公式や理論を理解するのに

30分以上かけてみて下さい。

 

 

 

公式なら

図にしてみたり

他の公式に導けるのか?と

様々な方向からアプローチして下さい。

 

 

 

今よりも深く理解して

長い間覚えることができるでしょう。

 

 

また、

ゲームをやってしまいなかなか勉強が

進まない人のための勉強法をレポートに

まとめたのでよかったら見て下さい。

 

haruruk.hatenablog.com

 

 

 

今回は以上です。

質問、感想お待ちしております!

 

 

haruru

 

 

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村