脳に負担をかけることで記憶定着率が上がります。

【宿題の内容は覚えてる?】

f:id:haruruK:20170812212205j:plain

 

 

こんにちは、haruruです!

 

 

 

今回は脳に負担を

かける方法を紹介します。

 

 

 

脳に負担をかけると

その時に勉強したことを

色濃く覚えることができます。

 

 

 

タイムプレッシャーとも言います。

 

 

 

この方法を知れば、

趣味に没頭するほどに

勉強に集中することができます。

 

 

 

また、

脳にその内容が強く残るため

復習もはかどりいちいち忘れた

単語を探すことがなくなります。

 

f:id:haruruK:20170812212521j:plain

 

さらに、

この方法で勉強すると

短時間で多くのことについて

学べるので満足感があります。

 

 

 

しかし、

この方法を知らないと

ぼんやりとした勉強で

記憶に残りずらいです。

 

 

 

それではただの作業です。

 

 

 

脳に負担をかけないと

運動と同じで成長しません。

 

 

 

筋肉痛は壊れた筋肉を

更に強い筋肉にするための

痛みです。

 

 

 

脳にもその負担をかけないと

今以上の力は望めません。

 

 

 

そうなる前に

この先を読んでください。

 

 

 

【脳に負担をかけると・・】

f:id:haruruK:20170812214324j:plain

 

 

脳は筋肉と同じで負担を

かけると成長します。

 

 

 

そして、

脳に負担をかける方法は

いくつかありますが一番は

時間が迫っている時です。

 

 

 

小学校の算数の授業で

早く終わった人からプリントを

持ってくるという授業がありますが

これを同じです。

 

 

 

クラスメイト同士が競って

急いで一番早くプリントを

出そうとしますよね。

 

 

 

そして、

最初に出せればその快感は

非常に強いものです。

 

 

 

そのように

脳に負担をかけると

記憶に残りやすいです。

 

 

 

 

【宿題はギリギリまで貯める】

f:id:haruruK:20170812214443j:plain

 

 

題名通りです。

宿題などの課題はギリギリまで

やらないでください。

 

 

 

前日になると

その課題を終わらせるために

めちゃくちゃ集中しませんか?

 

 

 

そこまで貯めた事のない人は

試しに貯めてみて下さい。

 

 

そして、

なるべく粘って下さい。

 

 

 

夏休みの宿題は

2日~4日で終わります。

 

 

 

そして、

授業などの課題は前日に

やれば余裕なので

早起きして勉強してください。

 

 

 

これだけで脳に負担を

かけることができます。

 

 

 

【徹夜するほど粘れ】

f:id:haruruK:20170812214602j:plain

 

 

今日のワークはありません!

 

 

 

しかし、

脳に負担をかける方法は

以前紹介したタイマーを使った

勉強法でもできます。

 

 

 

今回は次に紹介する

勉強法のための予備知識を

知ってもらうためのものです。

 

 

 

次回は、

 

今回紹介したことを踏まえ

タイマーの勉強法に応用を

利かせることで更なる結果を

得られる方法を紹介します。

 

 

 

今回は以上です。

質問、感想お待ちしております。

 

 

haruru

 

 

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村