できるから理解に変えるためにすること

【できると理解】

f:id:haruruK:20170827153334j:plain

 

こんにちは、haruruです!

 

 

 

今回は勉強する上で

必ずぶつかる壁

できるを理解にする

方法を紹介します。

 

 

 

この方法を知れば

なかなか暗記できないものでも

理解によって簡単に覚えることが

できるようになります。

 

 

 

そして、

理解することで

ひっかけ問題に騙されずに

正解を導くことが出来ます。

 

 

 

しかし、

いつまでも「できる」で

止まっているとできない

問題が増えていきます。

 

 

 

さらに、

暗記が全くできないものも

増えていき完全なスランプ状態に

なってしまいます。

 

 

 

そうなる前に

この先を読んでください。

 

 

【授業はできる】

f:id:haruruK:20170827153845j:plain

 

 

受験が近づくと

様々な授業で受験対策の

問題などを紹介したりします。

 

 

 

また、

受験で必ず出る問題の

解き方などを教えると思います。

 

 

 

そこで理解できるようになる

ことはほとんどないです。

 

 

 

授業では板書して

教師の説明に聞くことで

手がいっぱいだと思います。

 

 

 

しかし、

授業ではできるようには

なりますよね?

 

 

 

この「できる」を

家で「理解」に変えていくのです。

 

 

 

【理解するために】

 

f:id:haruruK:20170827160920j:plain

 

それでは、

「できる」を「理解」に

変える方法を紹介します。

 

 

 

その前に、

以前に私は理解するために

自分の言葉で説明できるように

すると言いました。

 

 

 

これも1つの手ではありますが

そもそも理解できずに

説明もできないと言う声をもらい

確かにそうなだと思いました。

 

 

 

しかし、

これは1つ観点からしか

見ないからできないのです。

 

 

 

つまり、

他の観点から見たのもと

結び付ければ簡単に

説明できるようになります。

 

f:id:haruruK:20170827161230j:plain

 

暗記物であれば例えば社会、

フランス革命」ではルイ16世

ギロチンで処刑されましたが、

そのまま覚えては説明は難しいですよね。

 

 

 

ここでは登場するのは

ルイ16世という人物だけです。

 

 

 

しかし、

ここで「フランス革命」を指揮した

ナポレオンから見たフランス革命

説明をあなたがしたらどうでしょう。

 

 

 

できるが理解に変わるはずです。

 

 

 

こんな感じで数学でも

ベクトルを二次元、三次元の

観点から見て説明したり

解いたりすることで理解でき

 

 

 

自分の言葉で説明できるように

なります!

 

 

 

たった、

別の観点(方向)から見て

考えるだけで良いのです。

 

 

 

【今日から理解に】

f:id:haruruK:20170827161523j:plain

 

 

 今日のワークです。

 

 

 

今すぐに公式、単語、理論

なんでも良いので1つ

別のものと結び付けて

説明してください。

 

 

また、

ゲームをやってしまいなかなか勉強が

進まない人のための勉強法をレポートに

まとめたのでよかったら見て下さい。

 

haruruk.hatenablog.com

 

 

 

 

今回は以上です!

質問、感想お待ちしております!

 

 

haruru

 

 

日本ブログランキングに参加中です。

良ければ応援クリックお願いします!

↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村