問題を解答するのに必須なアウトプットの強化術

【出せないと意味が無い】

f:id:haruruK:20170906220545j:plain

 

 

こんにちは、haruruです!

 

 

 

今回はどんな問題を

解くときに必須なスキル

アウトプット力を強化する

方法を紹介します。

 

 

 

この方法を実行すれば、

アウトプット力が強化されて

問題を見た瞬間に使う単語や

公式を書くことが出来ます。

 

 

 

そうなれば、

問題で悩む時間が減り

応用問題や見直しに

時間を掛けることができます。

 

 

 

しかし、

アウトプット力が弱いと

頭にモヤっと思い浮かべるだけで

書くことが出来ません。

 

 

 

それでは、

問題に必要な単語や公式を

書くことが出来ずに簡単な問題でも

間違えてしまうでしょう。

 

 

 

そうなる前に

この先を読んでください。

 

 

 

【悩むことに慣れる】

f:id:haruruK:20170906221441j:plain

 

 

私の経験からすると

受験やテストで失敗する人は

このアウトプット力が弱いと

感じます。

 

 

 

どんなに知識を蓄えることが

できる人間の脳でも、

それを出すことが出来なければ

意味が無いですよね。

 

 

 

そして、

勉強を真剣に本気で

やっていればこのアウトプット力は

強化されていきます。

 

 

 

しかし、

勉強に慣れてきて

わからない問題があれば

すぐに飛ばすようなことがあれば

 

 

 

アウトプット力は弱くなってしまいます。

 

 

 

【時間をかけて育てる】

f:id:haruruK:20170906222429j:plain

 

 

一度やった問題や

答えを知っている問題があれば

あなたの脳には必ず正解があります。

 

 

 

それを思い出せないからと

すぐに答えをみるのは勿体無いです。

 

 

 

なかなか思い出せないという

状況はアウトプット力を強化するのに

最高のシチュエーションです。

 

 

 

すぐに出せないのであれば

時間をかけて悩んでください。

 

 

 

そうすると、

脳は何かを出す行為を何度も

体験できるのでアウトプット力が

大幅に強化されます。

 

 

 

頭痛がすれば最高ですね。

筋肉痛と同じで育っているという

証明になるからです。

 

 

 

私の体感では

考える時間は5分がベストです。

 

 

 

【本番に向けて練習あるのみ】

f:id:haruruK:20170906222721j:plain

 

 

今日のワークです。

 

 

 

1カ月ほど前にやった

問題集やプリントなどの問題を

解いて下さい。

 

 

 

そして、

思い出せない問題があれば

5分時間を使って考えて下さい。

 

 

また、

ゲームをやってしまいなかなか勉強が

進まない人のための勉強法をレポートに

まとめたのでよかったら見て下さい。

 

haruruk.hatenablog.com

 

 

今回は以上です。

質問、感想お待ちしております!

 

 

haruru

 

 

日本ブログランキングに参加中です。

良ければ応援クリックお願いします!

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村